マシュー・マコノヒー祭なのだ | 〔空色庵〕松本典子のブログ「飛ぶ♪ハナシ」
<< 『行く年、来る年』〜振り返りすぎて遠くへ | main | 『IS THE MAN WHO IS TALL HAPPY?』
ゴンドリー、チョムスキーに会いに行く >>
スポンサーサイト

【2017.01.12 Thursday 】

一定期間更新がないため広告を表示しています

author : スポンサードリンク
| - | - |

マシュー・マコノヒー祭なのだ

【2014.02.04 Tuesday 16:21
JUGEMテーマ:近日公開!映画
(はじめに
 皆さま、大変ご無沙汰しております。
 というか、はじめましてと申し上げたほうが
 よいかもですね。ごめんなさい。
 何年かぶりの投稿となりますが、
 どうぞよろしくお願いいたします……)
 
『ビフォア・ミッドナイト』やシリーズについて語ろう!のお茶会を大いに楽しんだ後、やらなきゃならないこと山積みで街宣も聞きに行けないよ〜っと焦るここ数日なのですが、そんなメインストリームなこととは別に、今、私の頭の中はわりと「マシュー・マコノヒー祭」となっております。
 
 そこそこキャリアのある俳優さんではありますが、とにかく『リンカーン弁護士』以降の快進撃がスゴイ。『バーニー/みんなが愛した殺人者』(ビフォアのリチャード・リンクレイター監督の意欲作、ジャック・ブラックも最高)、『ペーパーボーイ 真夏の引力』(すんごいいたぶられ方をする役です)、『マジック・マイク』(主役を差し置いてのマコノヒー劇場開幕)でますます加速して、今公開中の『MUDーマッドー』がこれまた作品いいし彼ももちろんすごくいい。

MUD
 
 スタンド・バイ・ミー的少年ふたりが冒険よろしく出掛けていったミシシッピ川の中州で出会うのが、マコノヒー演じるマッド。少年たちが自然と惹きつけられるような魅力があり、クールな雰囲気を漂わせる一方で、歯が欠けてたり(!)、まじないを頑に信じていたり、半ば報われそうにない相手(リース・ウィザースプーン@コメディ封印)を妄信的に慕っていたり。安定しているのか危なっかしいのかよく判らないキャラ造形がすこぶる秀逸。サム・シェパードがニクい役で登場、ざらつきと湿り気を含んだミステリアスな南部の寓話といった感じで、作品としても素晴らしいのでオススメです。

dallas buyers club
 
 で、2月下旬から公開になる、彼がエイズで余命30日を宣告された飲んだくれカウボーイを演じた『ダラス・バイヤーズ・クラブ』(上写真、左に座る網タイツレディ役ジャレッド・レトにも拍手)がこれまた傑作です。未承認薬をめぐって国や製薬会社としたたかに戦う男の実話なんですが、正義をことさらに振りかざすこともなく淡々と、しかし、どっこい生きている的に東奔西走してビジネスも薬事裁判もこなしていく姿がもう演技超えてます。ゴールデングローブ賞受賞してアカデミー賞にもノミネートされているのは体重を激減させたからだけじゃない、と確かに思える。
 
 ここまで乗りに乗っている俳優さん、今どきの筆頭に近いと思います。クリストファー・ノーランの新作『Interstellar』での主役も楽しみです。
author : m-noriko
| 観てみた | comments(4) |

スポンサーサイト

【2017.01.12 Thursday 16:21
author : スポンサードリンク
| - | - |

この記事に関するコメント
峰子さん、
ありがとうございやす!
すっかり空き家になっちゃってたもんで、
蜘蛛の巣の掃除が大変でした〜w
マコノヒーはTHE NEW YORKERでもブームを指摘されてるよ。
http://www.newyorker.com/online/blogs/culture/2014/01/the-mcconaissance.html
| まつのり | 2014/03/22 3:13 AM |
葉ちゃん、
恐縮です〜!
レス遅すぎお許しを!
(もはやブログの作法を忘れかけている…汗)
ジャレッド・レトは、アカデミー賞の受賞コメントもすごくよかったよね。
マコノヒー(マコノヘイ?)は、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』ではディカプリオをくっちゃってたかも。絶対真似したくなることしてたw 10分くらいしか出てないのに。
葉ちゃん、相変わらず忙しそうだけれどご自愛くだされよ&#9836;
| まつのり | 2014/03/22 3:09 AM |
久々投稿だ〜!! (ひとのこといえないけど 。。汗
拍手〜
映画みたいなって思ってたんだよん。来年からは少しそんな時間もあるといいな。。映画情報待ってます!
ジャレッド・レト、、、、尊敬。
| 葉 | 2014/03/17 3:50 AM |
おお!のりちゃん!
待ってました。な、何年ぶり?
人ごとではないのですが....。
のりちゃんの映画の話し、本当におもしろい!ここに登場する作品全部見たい!
| 峰子 | 2014/02/19 4:01 AM |
コメントする










松本 典子
editor / writer